エクオールを作れる人・作れない人には3つの原因と特徴がある

エクオール作れる人作れない人

 

エクオールは大豆イソフラボンが体内で分解されてダイゼインに変化して、大腸で腸内細菌によって代謝されます。

 

つまり、大腸内にエクオールを代謝する腸内細菌がいるかどうか?が最大のポイントです。

 

今回は「エクオール産生能力がある人とない人」その差はどこに生まれるのか?に迫りたいと思います。

 

同じ人間なのに、なぜこの差が生まれるのでしょうか?気になった人はぜひ最後まで記事を読んでみてください。

エクオールとは

エクオールはエストロゲンに似た分子構造を持っています。大豆イソフラボンが分解されてダイゼインになり、ダイゼインが大腸で腸内細菌によって代謝されたものがエクオールになります。

 

近年、このエクオールに注目が集まっています。

 

それは、臨床試験によってエクオールとHRT(ホルモン補充療法)を比較した場合では同等の効果が認められている報告があるからです。

 

エクオールであれば副作用の心配ありませんからね。

 

更年期症状に個人差があることは、あなたも知っていると思います。

 

このエクオールが更年期の個人差を生んでいる張本人である可能性が高いです。

 

エクオールが自分にあるかどうかはソイチェックで簡単に確認できます。

 

もし、エクオール産生能力がないなら、サプリメントから摂ることも視野に入れることがオススメです。

エクオールサプリメントを選ぶ3ポイント

・大豆から直接抽出した天然由来のものにする
・エクオールが10g/日摂れるもの
・エクオール産生能力を助けてくれる(ラクトビオン酸や乳酸菌も一緒に摂りたいところ)

 

エクオール産生能力がある・なしは腸内細菌で決まります。日本人の50%はエクオール産生能力がありますが、近年低下していて、20代〜30代では20〜30%に低下しています。

 

低下してる理由は大豆製品の消費量の世代間ギャップが主な原因と言われています。

 

「大豆を食べているか?」「食べていないか?」が世代間で大きく違っているのです。

 

もし、あなたがエクオール産生能力がなくても、大豆製品はしっかり摂っておきたいぐらい大豆は優秀な食品です。栄養化がとっても高くて、腸内環境を整える役割もしっかりはたしてくれます。

 

エクオールについてもっと詳しく知りたいあなたはコチラ

作れる人『3つの特徴』

@大豆製品をたくさん食べている

 

エクオール産出能力を年代別で見るとよくわかります。70代、80代がエクオール産生能力が一番高いのです。

 

比例する様に豆類摂取量も70代、80代が一番高いです。反対に10〜40代の豆摂取量が低下してるデータが出ています。

 

エクオールには大豆イソフラボンと腸内細菌が欠かせません。

 

大豆イソフラボンをたくさん摂っても、腸内細菌にエクオール産生能力がなければ女性ホルモン効果はかなり低下します。

 

反対にエクオールを作る腸内細菌が体内にいたとしても、大豆イソフラボンを食べていなければエクオールは作れません。

 

この2点は、言われてみればあたり前なのですが、意外に盲点だったりします。

 

大豆イソフラボンを摂ることだけに意識がいったり、腸内細菌を意識しすぎて大豆製品を食べていなかったりと・・・

 

大豆イソフラボンも腸内細菌のどちらも同じくらい大切です。

 

大豆イソフラボンが材料で腸内細菌が調理人ですね。食べる人はあなたです。

 

エクオールを産生できる人は、間違いなく大豆製品を毎日食べてます。

 

大豆は日本に馴染み深いので、家で自炊してる人なら自然と食べてます。

 

「味噌汁は毎日飲んでませんか?」「醤油は毎日使ってませんか?」豆腐・豆乳・おから・きな粉・納豆・煮豆・高野豆腐のどれかを毎日必ず口にしていませんか?

 

日本人が長寿で健康なのは、現在の70代以降の人々が大豆製品中心の食事を長年してきたことが大きな要因の1つと言われています。

 

実際、長寿の国に共通する食事は「野菜や果物を豊富に食べて、肉類などの動物性たんぱく質が少ない食事」です。

 

実は、人間の構造を考えると肉は人間に不向きなのです。「本当に?」そう思いますよね。私も最初は思いました(笑)

 

人間の歯はどのような形でしょう?肉食動物はみんな尖って鋭い歯を持っています。人間は馬などの草食動物によく似た形をしています。

 

手の爪も肉食と人間で大きく違います。

 

肉食動物は相手の腹をすぐに裂けるように鋭いカギ爪になっています。

 

人間の爪はそもそも尖ってませんし、間違っても相手の腹を裂ける鋭さも強さも持ち合わしていません。

 

胃の構造も違います。人間は複雑な胃の構造をしています。肉食動物は単純な構造です。ちなみに胃の中で塩酸が草食動物の10倍出るので消化に負担がかかりません。

 

腸の構造も違います。肉食動物は体長の3倍の長さの腸を持っています。人間は身長の12倍の腸の長さをほこります。

 

つまり、肉食動物はすぐ腐敗する肉を素早く消化して排出できます。

 

「では、人間は?」残念ながらできません。消化に時間がかかりますし、体内に長くとどまってしまうため腐敗が進んでしまします。

 

現代病の多くは私たちの肉食も大きな要因になっています。

 

肉をこんなに食べるようになったのはこの70年ほどでしょうか。戦後、狩猟民族である欧米の肉食文化が日本に来ました。

 

実際、欧米の肉食は弊害がたくさん出ています。顕著な症状は肥満と心臓疾患ですね。

 

若い女性を中心に食の欧米化が進んでいます。日本食離れが起きてるとも言えますね。

 

日本食離れを起こしている若者が増えれば、日本の長寿で健康なイメージは間違いなく過去の遺産になるでしょう。

 

同時に更年期症状に苦しむ女性も年々増加する可能性が高いです。

A毎日快便!で過ごしている

あなたはプレバイオティクスとプロバイオティクスを知っていますか?

 

◆プレバイオティクス
死んでる菌や難消化性食品
食物繊維・オリゴ糖など

 

◆プロバイオティクス
生きてる菌や酵母
ヨーグルト・乳酸菌飲料・ぬか漬け・納豆など

 

ヨーグルトなどでプレバイオティクスが有名ですが、最近では菌は生きて届く必要がないことがわかってきました。

 

それは、乳酸菌が死んだ状態に腸に入っても、腸内細菌に良い影響を及ぼしてくれるからです。死んだ菌は腸内細菌のエサになってくれるのです。

 

その結果、腸内細菌は活性化されます。

 

また、食物繊維も非常に大切なポイントです。食物繊維をたくさん食べることが快便の秘訣と言っても良いぐらいです。

 

食物繊維があることで便の量が増えて腸を刺激します。体内の水分を吸って便を柔らかくしてくれます。

Bエクオールを作れる腸内細菌がいる

エクオールを作ることができる腸内細菌は主に乳酸菌です。乳酸菌はいわゆる善玉菌になります。善玉菌の数ではなく種類が豊富にあることが大切です。

 

例えば、乳酸菌がいいからと乳酸菌ばかり増やしてもよくありません。乳酸菌ばかりになると乳酸菌は他の菌を殺し始めてしまうのです。バランスが大切です。

 

腸内細菌が活発に活動できる環境がある・ないがポイントです。

 

ただし、エクオールを作る菌が全て分かったわけではありません。

 

善玉菌であることは間違いなさそうですが、「ではどの乳酸菌ですか?」となるとまだ完全には解明されていません。

 

苦労の末に各社が独自の乳酸菌を発見して、サプリメントを製造している現状があります。

作れない人『3つの特徴』

@欧米化した現代的な食生活を送ってる

 

大豆製品をほとんど食べない人です。欧米の食文化にはもともと大豆を食べる習慣がありませんでした。

 

そのため、大豆が入った料理や調味料は少ないです。その上、現代では食品添加物たっぷりな便利なお惣菜や弁当・外食が多いですよね。

 

肉をたくさん食べて、野菜は全然食べない人も増加してます。

 

まずは、大豆製品を意識して取り入れてください。

 

ベストは毎食、大豆製品を食べることです。まずは1食/日を目指しましょう!大豆製品を取り入れる最も簡単な方法は納豆です。

 

保管場所の冷蔵庫さえ確保すれば、混ぜるだけで弁当と一緒に食べることができます。

 

より詳しく知りたい人は栄養士がおすすめする大豆イソフラボンを多く含む食品9選

A慢性的な便秘になっている

うんちが毎日でない人の特徴

 

・ダイエットをする人
・食が細い人
・外食が多い人
・水分補給が少ない人

 

「便の量が少ない」or「水分補給が足りない」パターンが多いです。

 

3つの便秘パターン

 

◆弛緩性便秘

 

運動不足や筋力低下で大腸の緊張が低下します。運動不足やダイエットで腸全体の動きが悪くなっています。

 

便の移動が遅いために、水分が吸収されてしまい太くて硬い便になって便が出にくくなります。

 

便意はあるが、お腹が張って苦しいのが弛緩性便秘のサインです。

 

◆けいれん性便秘

 

精神的ストレスや過労によって、大腸が過緊張状態になり1回の収縮運動が長くなり腸の内容物を送り出すのが遅くなります。

 

便意・残糞感が強い。腹痛やお腹の不快感がある場合もあります。

 

硬くて小さな便がけいれん性便秘のサインです。

 

◆直腸型便秘

 

便意を我慢することにより刺激に対する直腸の感受性が弱くなり、便意が起こらなくなる習慣的便秘です。トイレを我慢することが習慣になってる人がなりやすいです。

 

最近では、子供や若い女性が増加しています。

 

弛緩性便秘と同じように、なりやすい便秘と言えます。

 

便秘がなぜエクオール産生能力と繋がっているのかわかりますか?

 

便秘が腸内環境を悪化させます→腸内環境が悪化すると悪玉菌が増えます→腸内細菌のバランスが崩れます→エクオールを作ることができるのは善玉菌である乳酸菌の場合がほとんどです。

 

善玉菌が減るとエクオールを作れる腸内細菌も減ってしまうので、大豆製品を食べたとしてもエクオールに代謝する効率が落ちてしまいます。

 

この負のサイクルを引き起こしている原因が便秘なのです。

 

ダイエットをする前に腸内環境を見直しましょう。

 

単純に食べ物を減らして、痩せることができても体力が落ちて、免疫力が落ちてしまっては意味がありません。

 

ダイエットを考える前に便秘を解消することに集中してみてください。食が細く、便の量が少ない人は便秘になりやすいのです。

 

それは、食べるものが少ないと、腸内が刺激されにくいので大腸の活動が鈍くなってしまうからです。

 

食物繊維が豊富な食材と腸内細菌のエサになるプレバイオティクス食品(オリゴ糖など)を積極的に摂りましょう!カラダの中のサイクルがよく回るようになると、健康になります。健康になれば自然に痩せれるものです。

便秘には硬水が効果的!

基本的に水分はしっかり摂った方が便が柔らかくなるので出しやすくなります。硬水はカルシウムをたくさん含んでいます。

 

水道水は塩素を含むために腸内細菌にダメージを与えてしまうので厳禁です。

 

カルシウムは血液中に含まれています。このカルシウムが不足すると、自動的に骨に含まれるカルシウムを血中に放出します。

 

骨粗しょう症の原因にもなります。硬水のミネラルウォーターを飲むことで血中のカルシウムを補えます。

 

カルシウムは腸にも直接働きかけるので便秘にも効果的です。直接働きかけることで、腸のぜん動運動を活発にして便を出しやすくしてくれます。

 

便秘で困った時は試してみる価値ありますよ。

 

また、腹筋を鍛えると排便がスムーズになります。体を動かすのが好きな人は、体操や水泳をしてもいいかもしれません。

 

決まった時間にトイレに入って腹部マッサージをしながら10分待ってみるのも有効です。決まった時間にトイレに行く習慣は大切ですが、長時間座って粘るのは逆効果にもなります。

 

熱していないオリーブオイルを食材にかけて食べる。オレイン酸が便秘解消に効果的に作用します。

エクオール産出能力がある腸内細菌がいない

腸内細菌のバランスが崩れている人がほとんどです。意識して腸やカラダに良い食材を取らないと、便秘になるリスクが高まります。

 

便秘になると、腸内環境のバランスが崩れます。腸内環境のバランスが崩れると、悪玉菌が優位になります。

 

エクオールを産生できるのは善玉菌である乳酸菌です。腸内環境のバランスを改善する効果的な方法は食物繊維をたっぷり食べることです。

 

この食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

 

◆水溶性食物繊維

 

果物類:りんご・もも・オレンジ・ラズベリー・メロン・いちじく
芋類:じゃがいも・さつまいも・山芋・里芋・長芋
藻類:ワカメ・もずく

 

◆不溶性食物繊維

 

野菜:モロヘイヤ・かぼちゃ・ブロッコリー・キャベツ・人参・カリフラワー・ホウレンソウ・ズッキーニ
豆類:豆腐・豆乳・ソラマメ・納豆・きな粉

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の食べる割合は1:2が理想です。

まとめ

エクオール産生能力がある人とない人の差は・・

 

・大豆製品を毎日食べている
・快便である

 

この2つが大きな要因であることがわかりました。

 

どちらも生活習慣になっていて、実際に人と比べたり、指摘してもらわないと気づかないポイントです。エクオールが現在作れない人でも「大豆製品を食べ続けていればエクオール産生能力がつくのか?」は現在研究中です。研究結果を待ちましょう。

 

・大豆製品を毎日食べること
・快便で毎日を過ごすこと

 

この2つは仮にエクオール産生能力がつかなかったとしても、たくさんのメリットを与えてくれます。やって損することは全くありませんので、自分が実践できることからやっていきましょう!

 

エクオールを作れなくてもこの2つを実践しながら、エクオールサプリメントを摂れば完璧ですね。

エクオール作れる人作れない人 エクオール作れる人作れない人
エクオール作れる人作れない人 エクオール作れる人作れない人
エクオール作れる人作れない人 エクオール作れる人作れない人
エクオール作れる人作れない人 エクオール作れる人作れない人