エクオールを作るには豆乳がオススメ!ダイエットに効果的!?

エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。

 

最近「更年期症状もしんどいけど、最近太りやすくなったかも」と感じていませんか?

 

「そう感じるのも仕方ありません」実は更年期の女性は太りやすい傾向にあります。

 

そこで大豆製品です。大豆製品は更年期だけでなくダイエットの強い味方にもなってくれます。

 

その中でも豆乳は、手軽に摂れるので近年人気が出てきています。

 

世界的にも人気がある豆乳があなたの更年期症状と肥満を両方解決してくれるかもしれません。

 

ただし、更年期症状に大豆が効果的働くには条件があります。それは、大豆イソフラボンをエクオールに変換するチカラです。

 

あなたは「エクオール産生能力がありますか?」

 

エクオールを豆乳から摂れる人はエクオールを産生する能力がある人だけです。まずはソイチェック体験を受けることがオススメです。

 

エクオールを産生する力が自分にあることがわかれば、次のステップに進めます。

 

それは、エクオールの素である「大豆イソフラボンをどうやって継続的に食べていくか?」です。

 

食材から大豆イソフラボンを摂るには大豆製品を食べるしかありません。

 

継続して大豆製品を摂ることがダイエットにも繋がります。

 

どの大豆製品を食べても効果は期待できまが、ダイエットに興味があるなら豆乳をもっと知ることが良いヒントになるかもしれません。

 

あなたがダイエットにも興味あるなら、ぜひ最後まで読み進めてください。

豆乳は世界的人気者!?

日本でも馴染み深い豆乳ですが、世界的に人気があります。実際に世界での人気はどうなっているのでしょうか?

 

消費量ランキング(2016年)
1位 中国 1,385,00キロリットル
2位 タイ 616,000
3位 日本 369,000
4位 ベトナム 351,000
5位 アメリカ 327,000
6位 韓国 201,000

 

出典 日本豆乳協会調査http://tounyu.jp/shared/PDF/database/2016.pdf

 

消費量で見ると、ダントツで中国が1位です。桁が違います。世界の豆乳1/4は中国だけで消費してます。続いてタイです。

 

日本は最近、豆乳の消費量が上がっています。5年前の2011年は271,000キロリットルで4位でした。

 

順位は1つ上がっただけですが、消費量が5年前に比べて271,000キロリットル→ 369,000ですから98,000も増えています。

 

反対にアメリカや韓国はこの5年で消費量が減っています。

 

このトップ6を見ると、アジアを中心として豆乳が日常的に消費されていることがわかりますね。

 

しかし、この数字には偏りがあります。それは人口の差です。人口が多ければ消費量が多くなりますからね。

 

そこで一人当たりの消費量を見てみましょう!

 

一人当たりの消費量ランキング
1位 タイ 11.3リットル
2位 台湾 6.2
3位 韓国 3.9
4位 ベトナム&マレーシア 3.8
5位 ベルギー 3.3
6位 日本 2.9

 

出典 日本豆乳協会調査http://tounyu.jp/shared/PDF/database/2016.pdf

 

かなり風景が変わって来ましたね。ダントツ1位だった中国はランク外になります。中国は人口だけで13.79億人(2016年)いますからね。人口で割ると1.0リットル/1人になります。

 

一人当たりの消費量で見るとタイがダントツですね。先ほどはランク外だった台湾・マレーシア・ベルギーが入っています。

 

ここでもアジアで飲まれていることがよくわかりますね。ベルギーの消費量が多いのが意外でした。

 

豆乳はこのアジアで高い人気を誇ることが改めてわかりますね。アメリカやヨーロッパでも飲まれているのですね。

 

欧米に比べてアジアの方が肥満が少ないのはこのような食生活の違いが大きな要因になっています。

どちらが良いの?無調整豆乳と調製豆乳

まず豆乳を買おうと思ってスーパーに行くと迫られる選択がこの無調整豆乳と調製豆乳です。

 

一体どちらを買えばいいのでしょうか?

 

それはあなたが「何を望んでいるか?」にかかってきます。

調製豆乳

大豆固形分7%(大豆固形分は高い方が大豆の栄養をたっぷり摂れます)調製豆乳とは豆乳+少量の植物油、少量の砂糖などを加えて味を美味しくしている豆乳です。

 

特徴@誰にでも好まれる味

 

・大豆特有の風味を抑えて、ほんのり甘みと後味がスッキリしている
・クセがなく柔らかな味
・子供から老人まで幅広く飲める

 

特徴A合わせる食材の味をまろやかにしてくれる

 

・食材の味を引き立てる
・食材のクセをまろやかにコーティングする

 

例えば、青汁などの苦味が強い食材・唐辛子などの辛味が強い食材・レモンなどの酸味が強い食材も調製豆乳と混ぜ合わせると驚くほどまろやかになります。

 

特徴Bドリンクやスイーツ作りに最適!

 

・自家製ドリンクや自家製スイーツを作るときに大活躍してくれます
・調製豆乳を入れることで、ほんのりした甘味とコクをプレゼントしてくれます
・加熱にも比較的強いので、調理中に分離しにくいためにスープや煮込み料理とも相性抜群です
*加熱しすぎると分離しますので注意してください。

 

特徴C味のバリエーションが豊富

 

カフェ風
・紅茶
・コーヒー
・ココア

 

フルーツテイスト
・バナナ
・フルーツミックス
・いちご
・グレープフルーツ
・ゆず
・マンゴー
・メロン
・梨
・巨峰
・うめ
・白桃
・キュウイ
・パイン
・さくらんぼ
・みかん

 

デザート風
・杏仁豆腐
・プリン
・焼き芋
・マロン
・アーモンド
・バニラアイス
・ラムネ
・ショコラ
・アップルパイ
・ラッシー(インド版飲むヨーグルトみたいな感じのもの)
・みたらし団子

 

和テイスト
・抹茶
・黒ごま
・おしるこ
・甘酒
・さくら

 

味が想像できないものもチラホラありますね(笑)迷うぐらい選択肢が豊富です。

無調整豆乳

大豆固形分8%以上(大豆固形分は高い方が大豆の栄養をたっぷり摂れます)

 

特徴@大豆本来の美味しさ!

 

・原材料は大豆と水のみのシンプルさ
・大豆が持つ濃厚な風味とまろやかな甘みをダイレクトに味わえます。
*クセが強いです。飲んだことがない人は必ず一度テストで少量試すことをオススメします。

 

特徴A大豆の栄養素がそのまま摂れる

 

調製豆乳に比べて、無調整豆乳は余分なものが入ってません。そのために豆乳の濃度が濃くなります。

 

そのため大豆イソフラボンが調製豆乳より多く摂ることができますよ!

 

大豆が持っている豊富な栄養素である『植物性たんぱく質』『レシチン』『大豆サポニン』なども同じようにたくさん摂れます。

 

毎日飲むことを考えるとこの差は無視できません。1週間後、1ヶ月後、半年後、1年後と長期的に見れば差がかなり広がります。

 

特徴B料理のベースになってくれる

 

味わいがシンプルなので、調理の味にいい意味で影響を与えません。料理のベースとなってくれます。例えば、和食などは出汁の繊細な味を活かす料理が多いですが、その出汁の繊細な味を邪魔することなく支えてくれます。

 

どんな料理にも使える万能選手です!

たくさんの大豆製品の中で、なぜ「豆乳」なのか?

それは、たんぱく質が豊富だからです。たんぱく質は人間の体を作る上で欠かせないものです。たんぱく質には2種類あることをご存知ですか?

 

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質です。

 

動物性たんぱく質は肉や魚などです。わかりやすですね。植物性たんぱく質は大豆などの豆類です。この動物性たんぱく質と植物性たんぱく質はそれぞれ質が違います。

 

たんぱく質はその中に含まれる必須アミノ酸のバランスが質を左右します。動物性たんぱく質は基本的にこの質が良いです。

 

反対に植物性たんぱく質はこの質が悪いものが多いです。しかし、大豆だけはこのたんぱく質が非常に良く、肉とほとんど変わりません。

 

動物性たんぱく質は質が良いと言いましたが、実は脂身を除く部分が質が良いのであって脂身がある部分は植物性たんぱく質と同じぐらい下がってしまいます。

 

このたんぱく質に加えてエクオールの素になる大豆イソフラボンも取れるのですから大豆は太りやすい更年期の女性の強い味方なのです。

 

この一見パーフェクトに見える大豆にも大きな欠点があります。それは消化が悪いということです。そのままは食べれませんし、炒ったとしても吸収率が悪いです。

 

そのため日本には大豆を食べやすくする知恵がたくさん生まれました。

 

豆腐・きな粉・高野豆腐・醤油・味噌・納豆と日本を代表する食材ですね。

 

豆乳もこの1つです。豆腐を作る過程で誕生します。

 

豆乳の一番の特徴に「液体である」ということがあります。他の大豆製品で液体のモノはありません。

 

液体のメリット

・消化にエネルギーを使わなくて済む
・吸収スピードが速い

 

この液体という特徴を活かす方法として、野菜ジュースと豆乳を混ぜるという方法があります。

 

野菜ジュース

もちろん手作りが一番いいですね。搾りたてを飲むことで、野菜やフルーツの新鮮なミネラルとビタミンを摂ることができます。

 

ジュースにしてもスムージーにしてもどちらでも大丈夫です。野菜やフルーツでジュースを作ると、水溶性食物繊維がたっぷり摂れるので、便通も改善しますし、余計な糖質・塩分・コレステロールの吸収を抑えてくれるおまけ付きです

 

豆乳のデメリット

豆乳は豆腐になる前段階のものです。豆乳ににがりを混ぜて凝固されると豆腐です。大豆を潰して水と混ぜたものを煮立てて、ろ過することで豆乳はできます。その時の搾りかすが、おからです。

 

つまり、もともとの大豆の栄養がおからにも残っているため、大豆の栄養が丸ごと入ってるわけではありません。

 

栄養はおからと豆乳で分け合った感じですね。ただし、栄養をおからと分け合ったとしても、豆乳の方が飲みやすい液体になっているので大豆よりも吸収率がいいです。

 

どれだけ豆乳が体に良いとなっても、豆乳だけではダメです。そこに野菜とフルーツを足してください。すると栄養満点でバランスの良い食事に大変身します。

野菜・フルーツ×豆乳ジュースを毎日一杯飲み続けるだけで痩せる!?

野菜・フルーツ×豆乳ジュースは野菜・フルーツに豊富に含まれるミネラル・ビタミンと豆乳によるミネラル・植物性たんぱく質が一緒に取れる優秀な食事になります。

 

朝にこの豆乳・野菜・フルーツジュースを飲むのがオススメです。朝は胃が空っぽなので吸収率が高いですし、消化に胃酸を出す必要がないため朝から高いエネルギーで活動できますよ!

 

朝にたっぷりとミネラル・ビタミンを摂っておくことで、昼食と夕食の時の満腹感が変わってきます。朝にしっかり栄養を摂っておくことで、夜までエネルギー切れを起こしません。

 

ダイエットで一番やってはいけないのは、単純に体重を減らそうとすることです。つまり食事を抜くことです。食事は何のためにするのでしょうか?「美味しさを感じるため?」「楽しみのため?」

 

確かにそれもありますよね。しかし、一番重要なのは栄養を摂るためのはずです。人間の体を車に例えると食事はガソリンです。つまりガソリンがないと車は動かないですよね?

 

人間は車より優秀なので、ガソリンが入ってこないと、体内にあるものをガソリンの代わりとして使用することができます。

 

体内にある脂肪を使ってくれれば良いのですが、まずは筋肉が消費されます。筋肉を栄養に変えます。また、自分の骨を溶かしてカルシウムを取り出したりします。

 

人間の体にとって生きることが最優先事項なので、エネルギーがなくなると身を削ってでも栄養を取ろうとするのです。身を削ってダイエットしても確かに体重は落ちます。しかし確実に筋力も落ちてしまいます。

 

筋肉が落ちてしまうと基礎代謝が落ちてしまします。基礎代謝が落ちると食事してもどんどん太りやすくなってしまします。

 

つまり、食事を抜くダイエットはどんどん太りやすい体質になってしまうために、以前より食べる量が減っても、基礎代謝量が減ってしまうために「食べてないのに太っていく」状態を生みます。

 

基礎代謝は燃費の良さと関わって来ますので、基礎代謝が落ちるとエネルギーに変換できる量も減ってしまうので、エネルギー不足を生むという最悪の負の連鎖を生んでしまいます。

 

では「どうすればいいのでしょうか?」

 

その答えの1つが野菜・フルーツ×豆乳ジュースです。単純に食事を抜く前に、質の良い栄養をたっぷりとりましょう!ということです。

 

普段、あなたがついつい食べ過ぎてしまうのは、栄養があまり含まれていない食事のせいかもしれません。

 

最近は、インスタント食品・惣菜・ファーストフードと手軽に食べれるようになりました。味も美味しいですよね。しかし、この食事には最大の欠点があります。これらの食事には栄養が全然ありません。野菜やフルーツで取れるミネラルやビタミンがほとんど含まれていません。

 

食事はお腹いっぱいに食べるから満足感を得られるところはありますよね?

 

インスタント食品や惣菜もファーストフードでは栄養が全然得られないので、その場では満腹になったとしても小腹が空いたり、夜中にお腹が空く自体を引き起こしやすいです。

 

ちなみに、カロリーはしっかり摂れるので、脂肪はたくさんつきます。しかし、人間の体は優秀ですから栄養が足りてないとお腹が空いた信号を出してもっと食べようとします。現代人に肥満が蔓延している理由が見えてきますよね。

 

もちろん、これだけが原因ではありません。運動不足や不規則な生活もありますが、食事の質も明らかに大きな要因です。

 

しかも、インスタント食品や惣菜もファーストフードは消化に時間がかかる食べ物が多いです。

 

消化に時間がかかる=消化にたくさんのエネルギーを使っている

 

もし、食べた後にすぐ眠くなる・動きたくなくなるなら、見直しが必要かもしれません。眠くなる・動きたくないのは、消化にたくさんのエネルギーを使うからです。

 

1日3食のうちの1食でも、今ままでの食事にプラスするでも良いですが、豆乳と野菜・フルーツをジューサーでジュースにして飲むことを取り入れるだけで痩せることができます。

 

豆乳の植物性たんぱく質がヘルシーで良質なたんぱく質として体を作ってくれますし、野菜やフルーツをたっぷり摂ることでエネルギーに効率的変換してくれます。しかもそれがジュース状になっているので消化にエネルギーをほとんど使わなくてもよくなります。

 

つまり、疲れにくくなるし、パフォーマンスもアップします。しかも痩せます(笑)

 

栄養たっぷりの食事をすることで自然と間食が減りますから、良いサイクルが生まれますよ。我慢するダイエットではなく、栄養をたくさん与えるダイエットもあるということです。

 

食べる→太るという単純な形では無かったということですね。

 

食べる→カロリーは足りてるけど栄養が足りない→すぐお腹が空く→食べる→消化にエネルギーがどんどん取られる→やる気が出ない・疲れやすい・睡眠の質が下がるというループになります。

 

全ては繋がっています。一度「なぜ食べるのか?」から考えていくと、視点が変わって間違いに気付きやすくなるかもしれません。

まとめ

エクオールを作るチカラがあなたにあるのなら、大豆製品を毎日食べ続けることが最優先事項です。

 

豆乳を積極的に食べるメリットは消化に良くて吸収率が良いのでエネルギー効率がいいことです。野菜・フルーツ×豆乳ジュースで、簡単に栄養満点なドリンクが作れます。

 

これを飲み続けるだけで自然と健康に痩せることができます。

 

栄養を体に素早く満たすことで、食欲を満たすことができるからです。

 

また、エネルギーが消化に取られないので高いエネルギーを保って日常生活を送ることができます。

 

ジューサーやミキサーで手作りが一番オススメですが、市販の野菜ジュースと豆乳でも作ることができます。

 

豆乳は大豆製品の中で唯一飲み物です。ぜひ有効活用して更年期症状と肥満を両方解消しちゃいましょう!*継続して飲み続けることをお忘れなく。

エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。 エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。
エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。 エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。
エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。 エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。
エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。 エクオールを常に体内で作れる人の特徴として大豆製品や豆乳を毎日摂取していることがわかりました。エクオールと豆乳について詳しくご説明いたします。