NHKあさイチの男性ホルモン特集で男性更年期の原因と改善方法

あなたの夫にはこんな症状ありませんか?休みの日なのに・・

 

あさイチ男性更年期

 

もしかしたら、こんなお悩みもあるかもしれません・・セックスしたいけど、スキンシップさえも嫌がられてしまう。

 

あさイチ男性更年期

 

この2つのお悩み、一見すると何の関係もなさそうですが・・原因が一緒かもしれません。

 

その原因とは男性ホルモンの低下です。

 

男性ホルモンは老化とともに低下するので、老化現象とも言えるのですが、最近は50代で男性ホルモンが大きく低下してしまって仕事や私生活に大きな影響が出ているケースが増えています。

 

あなたの夫は大丈夫ですか?

 

今回NHK『あさイチ』では男性ホルモン特集をやっていましたので、見逃した人はぜひ続きを読んでみてください。

 

「放送を見たよー」という人も、復習のつもりで読まれるとより理解できると思います。

有働アナが「男性更年期かもしれない夫」を持つ3人の主婦に迫る!

あさイチ男性更年期

 

男性ホルモンが減っていることが原因なのかは男性ホルモンに詳しい順天堂大学医学部教授:辻村晃医師に判断してもらう企画です。

 

あさイチ男性更年期

 

まずは1人目の主婦の方のお悩みです。

 

旦那が「休日は1日中寝ているし、起きてきてもゴロゴロしている」ので困っている。

 

朝は普通に起きてくるのだが、朝ごはんを食べて新聞を読むと疲れが取れないのか・・

 

午前10時になると決まったかのように、「眠い」と言って寝室に行ってしまうんです。

 

あさイチ男性更年期

 

お昼になると「お腹すいたー」と行ってまた起きては来るのですが・・

 

お昼ご飯を食べて元気になるのかと思いきや、14時ごろになるとまた「眠い」と行って寝室へ行ってしまうのです!

 

そして、やっと起きてきたと思ったらリビングでゴロゴロし始めるので「こっちもいい加減腹がたってきます!」

 

思わず、蹴っ飛ばしてしまうこともあるのですが、そうなると大ゲンカに発展するという悪循環になっているんです・・

 

これを観ていた辻村晃医師の診断は・・
「男性ホルモン低下の典型例です」疲れが取れずに何もする気が起こらないのは男性ホルモン低下の良くある症状です。

 

夫が怠けていただけではなかったのですね・・

 

続いて、2人目のお悩み主婦の相談です。

 

相談内容は「セックスレス」です。だんだんと減ってきているようで、奥さんが「いい加減にして」とアクションを起こすと、再開するようなのですが、その期間がだんだん伸びていて、現在は3年ほど全く夜の生活がない状態です・・」

 

こちらから誘っても、全然乗ってくれません。

 

「私に魅力がなくなったのかしら?」「私のどこに原因があるのだろう?」とだんだんと深みにはまっていくようで・・

 

あさイチ男性更年期

 

しかし「なんとかしたい!」と思いつくことは全てやってみました。
「色気ある下着に変えてみたり」「ベットメイキングを変えてみたり」「部屋の雰囲気を変えてみたり」とやってみたんです。

 

でも・・全く効果ありませんでした。
最近は諦めかけています・・

 

これを観ていた辻村晃医師の診断は・・
「男性ホルモンが低下してる可能性が高いです」なぜなら男性ホルモンが低下すると絶対に性欲が落ちるからです。

 

男性ホルモンと性欲は切っても切れない関係にあるようです。原因が健気にがんばってる主婦の方で無くて良かったです。

 

続いて3人目の主婦のお悩みです。

 

最近「夫が太って見た目が残念な変化を遂げている」「お腹だけが異常に出ているんです」昔は細かっただけにショックは大きいようです。

 

あさイチ男性更年期

 

いわゆるメタボですよね。中年男性には非常によくあるパターンです。

 

このメタボも男性ホルモンの低下が原因なの?と思っていると、これを観ていた辻村晃医師は間髪入れずに「出ました!お腹が出てくるのは典型的です」

 

えっ本当に?食べ過ぎ・飲み過ぎじゃなくて?

 

「中高年の方のメタボも実は男性ホルモンの低下による症状なのです」とおっしゃいます。中年男性で太ってる人は割とたくさんいる気がしますけどね。

 

しかし、辻村晃医師の説明を聞いて納得でした。男性ホルモンは筋肉にも強い影響力を発揮しています。それは、男性ホルモンが筋肉を作る大事な役目を担っているからです。その男性ホルモンが低下してしまうと、筋肉が作られにくくなります。すると、筋肉は脂肪に変わってしまいます。そうなると太らない方が不自然ですよね。

 

ここで、1人目の主婦の方が夫の変化をさらに告白します。

 

「最近、怒りっぽくなったんです!」子供に勉強を教えているといきなり・・

 

あさイチ男性更年期

 

その後もおばさんみたいにネチネチ怒るんです。

 

子供の方も「もうお父さんに教えてもらいたくない」と言い出す状態です。ここで、「3人の主婦の中でどの夫が一番心配でしょうか?」と有働アナ

 

辻村晃医師の答えは・・「休日に寝てしまう夫です!」

 

なぜなら、休日にほとんど寝てしまっているので、疲労度が高く、男性ホルモンが低下してる可能性が高いので心配です。これはほんの一例ですが、一家の大黒柱である夫が元気ないと家族にネガティブな影響が出やすいです。

 

あなたの夫にも当てはまる症状はありましたか?

男性ホルモンが減るとこんなに悪い影響が出るなんて

あさイチの本日のゲストは中山秀征さん(50歳)と生田智子さん(50歳)です

 

生田智子さんの夫は元サッカー日本代表の中山雅史さん(50歳)です。

 

中山秀征さんは先ほどの主婦座談会の夫の症状が自分にもよく当てはまるようでした。

 

「お腹だけ出てるんです」「休日になると寝てしまう」「おばさんみたいに怒っちゃう」と驚かれていました。

 

生田智子さんの夫である中山雅史も「もともと熱くなりやすい人でしたが、ますます怒りっぽくなった」ようです。

 

この男性ホルモンの低下ですが、放置していると非常に困った状態を作り出してしまう可能性があります。

 

あさイチ男性更年期

 

実際に、仕事に行けなくなる人もいるようですし、家庭の雰囲気が悪くなってしまうのは当然かもしれません。

 

家庭という小さなグループに怒りっぽい人がいると、良くなる理由がありません。このように影響力のとても大きな男性ホルモンですが、なぜ減ってしまうのでしょうか?

 

男性ホルモンの95%はテストステロンという物質です。このテストステロン、非常に重要な役割を担ってくれています。

 

あさイチ男性更年期

 

テストステロンは男性が女性より筋肉量が多い理由とも言えます。男性の象徴である精子もテストステロンが作っています。筋肉量が多いことでメタボにならないように予防してくれていますし、血管も健康にしてくれているので、動脈硬化・高血圧にならないようにしてくれています。

 

やる気を高めたり、素早い判断力をする源になってくれています。人間の自律神経も整えてくれますから、影響力が大きいのはよくわかりますね。スタジオにも、主婦座談会と同じく辻村晃医師が来て解説してくれていました。

 

この男性には特に欠かせないテストステロンには3回の急増するタイミングがあります。

 

1回目はお母さんのお腹にいるときです。男性器がつくられている時ですね。2回目は生まれてすぐです。3回目は思春期が始まる頃です。ヒゲや夢精などの少年から青年へと変化します。

 

女性も男性の1/10〜1/20の量ですが、テストステロンはあります。男性と同じように、骨や筋肉などを作る役割を担っています。

 

このテストステロンが減ると困ったことがたくさん起こるようになってしまいます。

 

男性更年期症状はどのようなものがあるでしょうか?

 

この症状、どこかで見た覚えがありませんか?

 

あさイチ男性更年期

 

そうなんです!女性の更年期症状とそっくりなんです。

 

もちろん男性器特有の症状もあります。「朝立ち」は男性ホルモンのバロメーターのようです。残念ながら男性ホルモンは年齢と共にだんだん減っていきます。一種の老化現象ですから、ある程度はしょうがありません。

 

男性ホルモンは仕事のプレッシャーなどの強いストレスによっても減ってしまいます。

 

また先ほど、女性にもこのテストステロンがあると言いました。女性は更年期になるまでは女性ホルモンであるエストロゲンに守られていることはあなたもご存知でしょう。

 

更年期になるまでは女性ホルモンが圧倒的に優位なのですが、更年期になると激減していきます。

 

そうなると、実は男性と反対の症状が起こる場合があるのです。男性は性欲が激減してしまうのですが、女性の場合、テストステロンの量は変わらず、女性ホルモンが一気に減るためにホルモンバランスが急激に変化します。

 

女性ホルモンが減った結果、テストステロンの割合が増します。その結果、女性は性欲が高まってしまう場合があるようです。

 

男性は性欲が減って、女性は性欲が増してしまう。中高年夫婦には悩ましい矛盾が起こりやすいと言えますね。

男性更年期のリアル:中村誠司さん(52歳)場合

ここで実際に男性ホルモンが低下して苦しんでいる中村誠司さん(52歳)の例を見てみましょう

 

普段は大学教授をやっておられる中村さん。4年前からやる気の低下を感じ始めてたようです。

 

「仕事は好きなはずなのに・・」「なぜ?」と悶々とした気持ちになっていました。

 

仕事にも悪影響が出ているようで、資料作成などは顕著に時間がかかるようになってしまったと言います。

 

「PCの前にいても指が動かない・・」思考が止まってる感じだったようです。納期が迫っているのに、全然進めない・・・

 

また、性に対する関心の減退も顕著に出ているようでした。

 

昔は、外出するとキレイな女性の脚などに目が自然と行ってましたが、現在では当時の気持ちなど思い出せないくらいのようで、女性に対して興味が全くなくなってしまったのかもしれない・・

 

中村さん以前は非常に行動力ある男性だったようで、 5年前にはNHKのクイズ番組にも自分で応募して出演するほどです。そんな中村さんが自分自身の変化に一番戸惑っているようでした。

 

思春期の子供みたいに、イライラして壁に穴を開けてしまうほどです。普段は、物に当たることなんてないのに・・

 

2年前「さすがこれはおかしい」「もしかして鬱なのでは?」と思い心療内科に行きます。

 

その心療内科での診断の結果は・・医師からは「中村さんは自分の症状も客観的に言えるし、食欲もあって、夜も眠れてるなら鬱ではないです」と言われます。

 

もちろん自分としては、この診断結果に全然納得いきません。不調は一向に良くならないのだから当然ですよね。しかし、この不調の原因として他にどんな原因があるのかもわかりません。

 

原因がわからないし、何をすれば良いのかもわかりません・・それから2年間どうすればいいかわからずただ我慢を続けていました。

 

精神的に見れば「鬱」と「男性更年期」の症状は似ています。中村さんが初めに心療内科に行った理由もよくわかります。一体どうすれば違いがわかるのでしょうか?

 

見分ける1つのポイントとしては「ほてり・発汗」があるかどうかです。

 

鬱になるとテストステロンも必然的に下がってしまうので、一概には言えないようですが、一つの目安にはなりそうです。

 

また「いったい何科に行けば良いの?」と疑問に思いますが、悩んだ時の答えとしては泌尿器科のようです。

 

*全ての泌尿器科が男性更年期について詳しいわけではありません。事前にホームページなどで確認することが大切です。

 

中村さんも早速、近所にある泌尿器科へ向かいます。

 

まずは診察の前に質問シートに答えていきます。全国の病院で使われているこの質問シート は17の質問に答えていく形で進めます。

 

例えば「ひどい発汗」「よく眠くなる」「イライラする」「神経質になる」があります。

 

それぞれの症状の度合いを数値化します。中村さんの結果は心理的要素と性機能要素の面で『重度』判定が出ました。

 

あさイチ男性更年期

 

チェックシートに記入後、医師による診察が始まります。

 

「朝立ちはしてますか?」など医師とは言え、女性が男性に聞いている光景は新鮮でした(笑)それぐらい男性にとって「朝立ち」は重要で、健康のバロメーターのようです。

 

問診の後、実際に男性ホルモンが下がっているのかを確認するために採血します。

 

血液検査の結果が出た10日後に再び泌尿器科に向かいます。

 

早速、検査結果が伝えられます。男性ホルモンはフリーテストステロンの数値で判断します。フリーテストステロンは男性ホルモンの1つで、特に骨や筋肉を作るのに欠かせない男性ホルモンです。

 

中村さんの結果は・・

 

あさイチ男性更年期

 

7.1pg/mlと低い数値でした。これがどのくらい低い数値なのかというと・・

 

男性更年期の治療をする目安として、フリーテストステロン値が8.5pg/ml以下という基準があります。この8.5pg/mlは70代男性の平均値です。

 

つまり、現在52歳の中村さんは70代の男性平均値よりも低いということになります。もちろん要治療ということでした。この数値にさすがに中村さんもショックを受けていました。

 

ではどうやって治療していくのでしょうか?

 

提示された方法は2つありました。
@男性ホルモン注射(フリーテストステロン値が8.5pg/ml以下の場合のみ)
A漢方薬

 

いきなり、男性ホルモン注射を打つのは抵抗があったようで、中村さんはA漢方薬を選びました。これから中村さんが服用していく漢方薬はイライラを取ってくれる効果がある『柴胡加竜骨牡蛎湯』と『ビタミンB1』です。

 

なぜビタミン剤も一緒に飲むのでしょうか?

 

男性ホルモンが低下しているので、基本的にやる気が落ちて、疲れやすくなってますからビタミンB1が疲れを取ってくれるのです。

 

まずは3週間漢方薬を服用して様子を見ることになります。

男性ホルモン注射について

男性ホルモン注射は症状が辛い時期を乗り越えるために使うのが一般的なようです。

 

実際に使う頻度も1回/月で効果を実感できる人や、1回/2週間打たないと効果が続かない人など個人差があるようです。

 

また、これを使うと、困ってる更年期症状に対して60〜70%の人は効果を実感してるようです。すごいですね。

 

同じように、女性更年期にはホルモン補充療法がありますよね。「注射」の他に「飲み薬」「貼り薬」「ぬり薬」がありました。

 

しかし、男性の場合は病院で受けれる治療としては「注射」しか選択肢がありません。

 

そこで注射に抵抗がある人は、普通の薬局で販売している市販薬(男性ホルモンの塗り薬)を使うことがオススメされていました。

 

ちなみに、塗る場所で一番効果的な場所は陰嚢です。

 

男性ホルモン注射に副作用はないの?

 

男性ホルモン注射には副作用があります。多血症や前立腺疾患を持ってる人は悪化する可能性があります。そのため、前立腺がん・重度の肝機能障害・腎機能障害に人は受けることができません。

 

男性更年期の症状の対策として、『男性ホルモン注射』と『漢方薬』を見てきました。

 

この2つ以外に選択肢はないのでしょうか?

 

実はあります。それは食事と運動です。男性更年期症状の改善に効果的な食べ物として、『とろろ』があります。

 

中村さんもお医者さんに勧められて、早速実践していました。

 

とろろそばです。

 

あさイチ男性更年期

 

『とろろ』にはジオスゲニンという物質が入っています。これが不足して男性ホルモンの分泌を助けてくれます。その結果、男性ホルモンがアップするのですね。

 

中村さんは治療を始めてから10日間で3回、とろろそばを食べていました。

 

続いては運動です。中村さんは約3キロ/日のウォーキングを取り入れています。

 

ウォーキング=散歩は、男性ホルモンを上げるだけでなく他にもいい効果があったようです。運動することで頭が冴えていい気分転換になったみたいです。

 

ウォーキングが気に入った中村さんは25回/28日もしっかり継続してウォーキングしてます。

 

さすがに大学講師なだけありますね。やると決めたらしっかりできてます。食事と運動は簡単なことですが、継続することが難しいですからね。

 

そして、3週間が経ち再び泌尿器科に向かいます。すると・・

 

あさイチ男性更年期

 

なんと3週間前は重度と診断されていたチェックシート項目が軒並み改善されていました!

 

それぞれ10ポイントも改善されています。それに気を良くした中村さんは先生に男性ホルモンの量も「もう一度測ってみたいです!」」と申し出ますが、「1、2ヶ月で急にホルモン値が上がるのは難しいです」と優しくさとされていました(笑)

 

しかし、体調の変化はかなり実感しているようでした。

 

イライラ感もすっかり無くなり、「仕事も増やしていこう」と前向きに考えられるようになったことが大きかったようです。

 

ご本人も「霧が晴れた」とスッキリした笑顔で締めくくりました。

 

今回、中村さんが行った男性ホルモンアップ作戦ですが他にも方法はあります。

男性ホルモンアップ作戦!

あさイチ男性更年期

 

まず食べ物としては『とろろ』『玉ねぎ』『牡蠣』が男性ホルモンを増やす手伝いをしてくれます。中村さんは運動にウォーキングを選んでいましたが、実はもっとオススメなスポーツがあります。それはチームスポーツです。

 

チームスポーツがなぜ男性ホルモンアップに効果的なのでしょうか?

 

チーム内で競う場面が多いために、テストステロンが出やすいということがあります。そして、男性ホルモンは社会性ホルモンとも呼ばれるくらい、人と接してると自然と多く分泌される傾向があるからです。

 

また、家族が褒めてあげると嬉しくなるので、これも男性ホルモンがアップする理由です。人間誰しも、褒めらると嬉しいものです。満足感や達成感を味わうことで男性ホルモンアップにつながります。

 

家族が小さなことでも褒めてあげると、夫の男性ホルモンはアップしますので積極的に褒めて行きたいですね。

 

反対に否定的な声かけはNGです。「男なら頑張れ」「怠けないで」とは言わないようにしましょう!

 

男性ホルモンはストレスに非常に弱いので、プレッシャーは逆効果になりがちです。

まとめ

女性にとって女性ホルモンの影響が強いように、男性にとっても男性ホルモンは欠かせないものです。夫が「男性ホルモンが低下してかも」と思ったなら、泌尿器科へ受診させることがオススメです。

 

治療方法は代表例として2つありました。

 

◆男性ホルモン注射
◆漢方薬

 

またそれと並行して、食事と運動をすることで男性ホルモンをアップさせることができます。

 

男性ホルモンを低下させないために、自分を追い込みすぎるのはNGです。強いストレスを受けると男性ホルモンは急激に低下してしまいます。

 

夫も男性更年期という、女性と同じような辛い時期があるということを知っていれば、少しは優しくできそうです(笑)

あさイチ男性更年期 あさイチ男性更年期
あさイチ男性更年期 あさイチ男性更年期
あさイチ男性更年期 あさイチ男性更年期
あさイチ男性更年期 あさイチ男性更年期