不妊治療サプリメント

不妊治療で悩む女性が毎日どうのように生活をしているのか?!

不妊治療サプリメント

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません

 

私達は結婚して普通に夫婦の営みがあったにも関わらず、2年経っても子供を授からなかった為、主人と一緒に不妊治療に真剣に取り組むことを決心致しました。

 

そのきっかけは両親に勧められたこともありますが、私達自身も子供を授かることを心から願っていたからです。

 

とは言え主人の御両親から、あの検査はしたか、この治療はしたか、会う度に努力をしているか、子供はまだかと催促されるのは非常に辛いものがありました。

 

治療を始めて、人工授精、体外受精など様々な治療に取り組みましたが中々授かることが出来ず、自分自身も望んでいたとは言え結果を聞きに行くのがだんだん億劫にさえなりました。

 

特に治療の中で辛かったのは、卵管造影でした。卵管造影とは簡単に言うと、卵管に詰まった物を綺麗にする作業ですが、言葉で言うのとは全くイメージが違いました。

 

掃除する時に使うアルコールが漏れているのを感じる為とかで麻酔を打ってもらえない為、痛さがこの世のものとは思えないほど尋常ではなく、子供を授かるためとは言えあまりの痛さにドクターをぶん殴ったり看護師さんを蹴り飛ばしたりして、泣き叫んでしまいました。

 

その痛さは他のママさんたちも同じだった様です。

 

痛さ的には出産の時の方が痛いのだろうと思いますが、その時はただの治療のつもりでいたので本当に辛かったです。

 

卵を受精させて冷凍保存もいくつもしましたが、保存期間中もお金がかかるにも関わらず、冷凍時や解凍時に死んでしまう卵もいました。

 

市から補助が出ていましたし、望んでいる子供の為とはいえ辛い出費でした。

 

また私の通っていたクリニックは薬を沢山処方するクリニックだったので、朝から晩まで約10種類ほどの薬を飲まなくてはならず、もしこれで子供が出来たとしても健康な子供が出来るか不安が沢山ありまし、薬で治療してる期間に子供を授かることはありませんでした。

 

沢山の治療をした末、なんとか着床まで辿り着き、主人と大喜びしてお祝いをしたり、子供のいる生活を今まで以上に想像しましたが、次の検診で心音が確認出来ないことが分かりました。

 

人工授精でしたが、着床出来ない子はそれなりの強さしかなかった様です。

 

着床したことを義理の御両親にも伝えていたため、その旨を伝える事はこの上ない苦しみでした。

 

しかし、私が人工授精や体外受精、卵管造影など様々な治療に取り組んでいたことを話していた為、御両親もそれ以上治療を進めることなく、今は私の生き方を尊重してくれています。

 

今でも子供は欲しいと思っている事には間違いありませんが、子度が出来なかった時の生き方を今から考えておく必要性も、若い新婚夫婦に伝えたいと思います。


子供が出来ない場合は産婦人科で検査する

私は結婚は割と早めだったので、すぐに妊娠!と思っていたわけではありませんでした。

 

しかし、気づけば二年以上、普通に夜の生活があるにも関わらず、避妊もしていないのに妊娠していない。初めて不妊の文字が頭をよぎったのはこの頃です。

 

それでも、まだ年齢的には大丈夫と言い聞かせるように、不妊外来を受診することはありませんでした。

 

しかし更に二年経った頃、さすがに不安になりました。

 

それでも不妊外来を躊躇していた私。

 

なんだか不妊というのは自分が「欠陥品」と言われているような気がしたのと、不妊ではないと信じたい気持ちと、辛い思いをするのに自らすすんでやりたくないという思いと…いろいろな気持ちが入り混じっていました。

 

しかしこの頃、下腹部に違和感を感じる日が続き、ネットで調べると子宮の病気の可能性があるとのことだったので、ここで初めて、婦人科を受診することにしました。

 

調べると私は、子宮筋腫があることが判明しました。それもかなり大きくなっていたのです。その後、造影剤を入れてMRIをしたりと詳しく検査をしていったところ、卵管も詰まってしまっているようでした。

 

このせいで妊娠しづらかった…私は、子供が欲しいと言いながらも、自然に任せたいと言い張っていたことを、主人に申し訳なく思いました。

 

私がもっと早く検査していたら、もっと早く子供を抱かせてあげられたかもしれないのに。

 

主人の年齢が少し離れていて年上のため、「子供が大きくなるまで還暦は迎えたくない」という希望を叶えてあげるのにはギリギリでした。私はすぐに子宮筋腫を取り、卵管を通す手術を受けることにしました。

 

早く子供が欲しい!心から思いました。ここまでぐずぐずと迷っていたのに、ここからは迷いなく一気に行動に移しました。手術をして落ち着いたら、すぐにホルモン検査をし、念のため主人にも精液等の検査を受けてもらいました。

 

その後、タイミング法を始めました。元々生理不順気味だったので自分ではなかなか難しかったので、医師との相談のもとに正確に割り出せることはありがたかったです。

 

ここでも早めに相談したら良かったと改めて思いました。

 

何度か挑戦してもうまくいきませんでしたが、排卵誘発剤はなんだかまだ怖さがあって使いませんでした。

 

卵管も通したし、筋腫も取った。悪い部分は取れたはず。と信じて、一年はタイミング法だけで挑戦しようと主人とも話し合って決めていました。

 

幸い、タイミング法を始めて8ヶ月で妊娠することが出来ました。今では一児の母です。

 

不妊を打破しようと動き始めてから、何度もっと早く病院に来れば良かったと思ったかわかりません。

 

これから不妊のことを考えようとされている方には、1日も早く病院で検査することをお勧めします!頑張ってください!

不妊治療のすえに得たもの

結婚して3年、子供を本気考え始めてから2年半。

 

私は子供を授かることが出来ました。

 

少しでも同じ悩みを抱える方の助けになればと思い書きます。

 

不妊治療専門病院に通院し、タイミング法を3回、人工授精を4回のすえ、体外受精(顕微授精)を行いました。受けた検査は卵管造影検査、精液検査。また受精卵を戻す前にポリープ切除手術を受けました。

 

私の不妊の原因として考えられたのは「卵管が卵子をキャッチできず、子宮に運ばれない」「子宮内膜にあるポリープが着床の邪魔になっている」「安定しない精子の数値」だったと思います。

 

不妊原因の多くは分からないとよく言いますが、私もそうだったと思います。試したものがダメなら次へとステップアップしていき最後までいってしまったという感じです。

 

お金も時間もかかるのが不妊治療であり、その先が必ずハッピーエンドとは限りません。

 

1番悩んだステップアップは体外受精への段階へ上がる時でした。お金も時間もかけて何も得られないかもしれない、それでも後悔するならやってみたい…それが私達夫婦の結論でした。思い返せば不妊治療は夢をかけたギャンブルのようなものだったと思います。

 

辛いことも悩んだこともたくさんありました。治療してまで子供が欲しいのか自問自答し、女性として自然妊娠できない自分は欠陥品ではないのか悩み、判定日を迎える度に妊娠していないという結果に涙したこともありました。

 

仕事との両立で身体的に辛く、なかなか妊娠できず精神的にもギリギリの時もありましたが、休みなく走ってきた日々に感謝しています。

 

結果がハッピーエンドだったこともありますが、今でもあの時…と振り返った時に、立ち止まった時がなかったのです。

 

時間を無駄にしなかったからこそ、年齢的にもまだチャンスがあるうちに体外受精へと進むことができました。もしバッドエンド迎えたとしても、最後まで最速でチャレンジできたことに後悔はなかった思います。

 

子供を授かった今、不妊治療に感謝しています。色々な苦労はあったけど、それ乗り越えたからこそ今私の腕に抱かれている子は生まれてこれたのだと…医療があったからこそ今この子はこの世に生きているのだと…そう考えると恐怖も感じますが、泣きたくなるほどの幸福感を感じます。

 

医療が進んだからこそ選択肢は増えたし、まだ不明な部分も多くある顕微授精に不安もありますが、それでも今ここにある奇跡に感謝しています。

 

不妊治療は夫婦の協力なくしては続けられません。

 

結果が望んだものじゃなくても、夫婦の絆が強くなることは確かです。何も無くなってしまうわけではありません。辛い時には旦那さんの胸で泣いて下さい。

 

私も不妊治療で仕事を辞め、思うようにスケジュールも組めず失ったものも多いですが、主人が頼りになる人であることを再認識できました。

 

やらずに後悔するならやって後悔したい、そんな私達夫婦の経験がどなたかの励みになれば幸いです。

結婚して4年目で子供が出来ない辛い毎日

結婚して四年間子供を授かれなかったので町で1番の新しい産婦人科に行って相談しました。

 

当然お腹の大きい方も待合室には沢山いますので、なんだかやるせない気持ちがしました。

 

まずは3ヶ月分の生理周期と毎日の基礎体温を測り、そのデータを持って来てからという事でした。

 

たまたま私は毎日の基礎体温を測っていた為、すでに先生へのデータとして提出できましたので診察がスムーズに進みました。

 

不妊治療をされる方は絶対に基礎体温を測って3ヶ月くらいのグラフがあると良いと思います。

 

私のデータを見てタイミング法を通り越し、卵管造影検査で詰まりを解消したりしましたが特に異常もなく、次のステップの人工授精に進みました。

 

朝から旦那の精子を容器に入れて、人肌に保つ様に指示されタオルでくるんでポケットに入れて持って行きます。受付に渡し、精子の運動率を上げる為に2時間ほど機械にかけるそうです。

 

2時間後に診察室に呼ばれ精子を注入します。

 

診察台の足の角度を上げそのままバスタオルをかけ30分待ちます。

 

その30分で精子が流れ落ちない為とはいえ、足の角度を上げ待つのは惨めでもあり、またはこれで授かれればラッキーなど色んな気持ちが湧き出てきました。費用は21000円でした。

 

その後は生理予定日に生理が来るかこないかを待ち、どちらにしても診察に行きます。

 

判定の日までは自分の体調にめちゃめちゃ敏感になり、少しでもお腹の辺りがおかしかったりすると、『妊娠超初期症状』とかばかり調べまくって軽いノイローゼ状態でした。

 

結局生理がきて(人工授精した時の生理はとても酷かったです)がっくり〜というパターンでした。

 

毎月続けて通院しないと挫折しそうな自分がいましたので3回連続で人工授精をしました。

 

先生曰く4回〜5回を目処に体外授精にステップアップした方が良いと言われました。

 

費用も人工授精の何十倍と言われたので何とか人工授精で授かれないかな〜と思いました。

 

4回目も結局授かれなかったので、次が最後と思い挑みました。

 

今回は成功率を上げる為に毎日注射に通いました。

 

そして卵の数を増やし確率をあげるというやり方でした。

 

卵の数は5個になっていましので、先生からは、もしうまくいった場合に双子などの可能性もあると言われました。

 

判定日まではお腹が張る様な苦しい様な気持ちでした。

 

結構期待しましたが結局授かれなかったです。

 

お腹の腫れは注射によって卵を増やした為のOHSSという症状でした。

 

毎日注射にまで通ってお腹まで腫れたのにダメだったんだなぁとがっかりでした。

 

結局OHSSになると翌月の治療はお休みしなければならないとの事で一旦治療をやめている状態です。終わりの見えない不妊治療だと感じました。

10年間不妊治療をして思ったこと

私は30歳から40歳までの10年間不妊治療してきました。

 

初めは、治療すればすぐできるものだと思ってました。

 

ひとつひとつ検査をしなから、タイミング療法から人口受精、体外受精、顕微受精までやりました。

 

5年目位で、一度休み気持ちの整理をしました。

 

40歳までは頑張る。

 

それで出来なければ、子どものいない人生を受け入れようと決め、次こそは!次こそは!と一喜一憂しながら、とうとう40歳になってしまいました。

 

結果、授かる事は出来ませんでしたが、10年間の不妊治療経験から、是非、参考にしてもらいたい事は、はじめの病院選びは重要だと思います。

 

私は、婦人科に行けばすぐにできるものだと思ってましたから、一番近くの婦人科から行ってしまい、個人病院から総合病院に転院を繰り返してしまい、無駄な時間をかけてしまったのが、一番の悔いかと思います。

 

5年目の一休みしている時に、ネットで不妊専門病院をとことん調べました。

 

私の知り合いで東京在中で、福岡に有名な病院があると知り、飛行機で通院してた人もいるくらい、ネットやメディア情報に心を振り回されていました。

 

私には飛行機どころか新幹線で通院なんて無理だったので、毎日通う事を考えて、通院できる範囲で、ネット情報で納得できるところを探してあてました。

 

その不妊専門クリニックを最後の場所として、5年間通い、長い長いトンネルで、出口の見えない戦いに感じました。

 

何度も何度も心が折れ、「勝つまではやめれない。」という意地にもなっていた気もします。

 

不妊治療は保険がきかないので、1回の診察でも5000円はかかりました。

 

毎日注射を打ち通院するため、短時間のパートしかできませんでした。

 

一週間から10日間、毎日注射して、卵子をとって体外受精して、その後も毎日注射して、受精卵を移植して、20万円、30万円、40万円かかる事もあり、経済的負担がすごくて、限界に達してしまいました。

 

妊娠が最後のゴールではありません。

 

妊娠できたらそこから無事に産まれるまで、そして、産まれたら成人になるまで、しっかり育てなければならない事を考えたら、貯金も使い果たしてしまい、ぞーっとして、目が覚めた気もします。

 

世間ではまだまだ、子どものいない夫婦に対して色々言われます。

 

産まない選択をした夫婦は、気にならないようですが、欲しくても授からなかった夫婦もたくさんいることを分かってもらえる世の中になって欲しいです。

 

不妊治療は、自分の身体にデメリットはあります。やめる勇気ももってください。

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません私は中国地方のある県に住んでいる30代の男性です。私は子宝に恵まれ子供が3人の5人家族です。これは私の同僚の夫婦の話です。その同...

不妊治療

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません結婚後、5年間妊娠しないので近所の産婦人科へ排卵日チェックの為に通っていました。排卵日を特定してもらいタイミングを取って処方され...

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません私は途中で不妊治療を休んだりしましたが、5年程治療して赤ちゃんを授かりました。中々妊娠しないので、まずは基礎体温をつけ排卵検査薬...

エクオール エクオール口コミ エクオール効果 エクオール更年期 エクオールサプリメント エクオールとは エクオール検査 大塚製薬エクオール エクオール男性 エクオール食品 エクオール産生菌 エクオール乳がん エクオール口コミ 更年期症状 更年期生理 更年期太る 更年期障害 更年期障害症状 更年期生理周期 更年期眠い 更年期薬 若年性更年期 男更年期

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません私が不妊治療を始めたのは初めての妊娠で子宮外妊娠がきっかけでした。子宮外妊娠をしてから最初の1年は自然妊娠に挑戦しましたが結果が...

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません子供が出来れば良いなと考え始めてから二年程自然妊娠を待ちましたが妊娠せず、軽い気持ちで不妊治療をしているクリニックにかかりました...

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません子作りをスタート前に風疹の抗体検査を受けるため婦人科へ行きました。その際にせっかく検査するならと、先生に勧められ一通りの検査をし...

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません不妊治療を始めて3年になります。結婚してすぐに仕事のストレスから生理が止まり、婦人科を訪れてた際にホルモンバランスが悪い事がわか...

不妊治療サプリメント

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません私達は結婚して普通に夫婦の営みがあったにも関わらず、2年経っても子供を授からなかった為、主人と一緒に不妊治療に真剣に取り組むこと...

加藤レディースクリニック口コミ

一個人による口コミになりますので効果などについての保証や根拠はありません今から約4年前、東京新宿にある加藤レディースクリニックで体外・顕微受精の治療をしました。加藤レディースクリニック公式サイトより引...

不妊治療サプリメント

不妊治療サプリメント 不妊治療サプリメント
不妊治療サプリメント 不妊治療サプリメント
不妊治療サプリメント 不妊治療サプリメント
不妊治療サプリメント 不妊治療サプリメント